CHINESE  CHINESE  KOREA

HOME > TOP > TV/ENTERTAINMENT

シン・セギョン&Apink ユン・ボミ、宿泊した部屋で盗撮被害に…スタッフの犯行に衝撃「好奇心」

18-09-19 17:27




[マイデイリー=イ・イェウン記者]ケーブルチャンネルO'live TV「国境のない屋台」の撮影途中に、違法な撮影装置が発見されて、波紋が広がっている。

「国境のない屋台」は昨日(18日)、公式報道資料を通じて「海外での撮影終盤の時期である15日、出演者のシン・セギョンさんとApink ユン・ボミさんの宿泊した部屋で、ポータブル予備バッテリーに偽装された撮影装置が発覚した」と明らかにして、人々に衝撃を与えた。

この撮影装置は、取付けカメラを担当する外注機器メーカーの従業員の一人が、任意に搬入した個人所持品だという。O'live TVは「個人的な逸脱行動で、違法で設置されたものである」と強調した。

不幸中の幸いで、撮影装置を被害者であるシン・セギョンが自ら発見し、問題がある内容は全くないことが確認された。「国境のない屋台」の制作陣と所属事務所は、すぐに盗撮装置を押収した後に帰国し、盗撮装置を設置したスタッフは、俳優側の所属事務所の通報により警察の調査を受けている。

このことを報道したしたメディアは、ソウル江南(カンナム)警察署の言葉を引用して、そのスタッフが「好奇心で犯行を犯した」と容疑を認めたと伝えた。警察は、性的暴行特例法上のカメラなど利用した撮影などの疑いで、A氏の拘束令状申請を検討している状況だ。

O'live TVは「現在までの警察の調査によると、問題のある内容と外部への流出は全くないことが確認されたので、憶測は自粛して下さることを切にお願いいたします」と改めて立場を伝えたが、出演陣の盗撮の被害議論が可視化されることによって、波紋がさらに広がることが予想される。

[写真=マイデイリー DB]
イ・イェウン記者


- NO.1 New Media リアルタイムニュース マイデイリー(www.mydaily.co.kr)
  著作権者ⓒマイデイリー 無断転載&再配信禁止
済州ドリームタワー複合リゾート