CHINESE  CHINESE  KOREA

HOME > TOP > K-POP

防弾少年団、釜山ファンミーティングが成功裏に終了「一番魔法のような出来事はファンに会ったこと」

19-06-17 12:26





[マイデイリー=パク・ユンジン記者]防弾少年団が、釜山(プサン)で4万4千人のARMY(ファンの名前)と共に開催した公式ファンミーティングを成功裏に終えた。

防弾少年団は15日、16日の二日間、釜山アシアード補助競技場で5度目の公式グローバルファンミーティング「BTS 5TH MUSTER <MAGIC SHOP>」を開催した。


所属事務所は今回、ファンミーティングをファンたちがより多彩に楽しむことができるようにプレイゾーンを設置し、公演前から雰囲気を盛り上げた。防弾少年団がDJになってARMYたちが送ったはがきを読み、彼らのダンスを一緒に学ぶなど多様なプログラムを準備したのだ。

防弾少年団はファンたちに伝えるファンソングである「 2!3!(それでも良い日がたくさんありますように)」を背景に、ステージの真ん中に飾られたマジックショップの中で姿を現したり、メンバーたちのリクエスト曲を聞いてファンたちが送ってくれた悩みを一緒に悩むなど心を癒す時間を持った。

特に今回のファンミーティングは360度で飾られたステージで行われ、ファンたちにより特別なステージを披露した。防弾少年団は「We Are Bulletproof Pt.2」「JUMP」などを久しぶりに披露してデビュー初期の姿を再現する一方、釜山をはじめメンバーたちの故郷について歌う「Ma City」を熱唱し、爆発的な反応を呼んだ。

この他にも北青獅子(プクチョンサジャ、北朝鮮の北清地方で踊り継がれてきた仮面劇の中の獅子)と一緒に飾った「IDOL」、最近リリースした「MAP OF THE SOUL : PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv」など計19曲のヒット曲ステージを披露、ファンたちの熱狂的な歓呼の中で会場の雰囲気は熱く盛り上がった。

防弾少年団は「今まで僕たちに魔法のような出来事がたくさん起こった。その中で一番魔法のような出来事は、みなさんに会ったことだ。忙しい日常で今日が、ARMYの皆さんにとって慰めになってほしい」と感想を伝えた。

防弾少年団は22日と23日、ソウルオリンピック公園体操競技場で「BTS 5TH MUSTER <MAGIC SHOP>」を開催する。

[写真=Big Hitエンターテインメント]
パク・ユンジン記者


- NO.1 New Media リアルタイムニュース マイデイリー(www.mydaily.co.kr)
  著作権者ⓒマイデイリー 無断転載&再配信禁止
済州ドリームタワー複合リゾート