CHINESE  CHINESE  KOREA

HOME > TOP > K-POP

“薬物使用疑惑”元iKONのB.I、一部容疑を認める…昨日警察で14時間の調査

19-09-18 13:25





[マイデイリー=パク・ユンジン記者]薬物使用疑惑で警察の調査を受けた元iKONのB.Iが、一部の容疑を認めた。

京畿(キョンギ)南部地方警察庁は17日午前9時頃、B.Iを参考人として召喚し、14時間以上の調査を行った。この過程でB.Iが一部の容疑を認め、警察はB.Iを被疑者の身分に転換した。

警察はB.Iに対し、2016年、知人A氏に薬物を買ってほしいと要求して受け取ったのか、薬物を吸引したことがあるのかなどを確認したという。

14時間余りの調査を受けて午後11時20分頃に警察庁から出たB.Iは「物議を醸して申し訳ない」と話し、車に乗って警察庁を後にした。

警察はB.Iを麻薬類管理に関する法律違反の容疑で立件し、近いうちに検察に送致する予定だ。

これに先立って6月、B.Iは自身に疑惑が浮上すると、iKONから脱退し、YG ENTERTAINMENTとの契約も解除となった。当時彼は「一時期あまりにも大変で苦しくて、関心さえ持ってはならないことに頼りたかったことは事実です。しかし、恐くなってできませんでした」と薬物購入や使用の否定を示唆していた。

警察はまた、B.Iの所属事務所だったYGのヤン・ヒョンソク前代表も近いうちに調査する方針だと伝えた。

ヤン前代表はB.Iの疑惑が提起されると、当時A氏を懐柔して脅迫し、警察への陳述を覆すようにしたという疑惑を受けている。

[写真=マイデイリー DB]




パク・ユンジン記者


- NO.1 New Media リアルタイムニュース マイデイリー(www.mydaily.co.kr)
  著作権者ⓒマイデイリー 無断転載&再配信禁止
済州ドリームタワー複合リゾート