CHINESE  CHINESE  KOREA

HOME > TOP > K-POP

“MONSTA Xから脱退”ウォノ、契約解除へ…事務所が公式発表「捜査は一切知らなかった」

19-11-01 16:17




[マイデイリー=パク・ユンジン記者]所属事務所STARSHIPエンターテインメントが、MONSTA Xから脱退したウォノとの契約解除を発表し、大麻吸引の追加疑惑については「一切知らなかった」と明らかにした。

所属事務所は「ウォノが2019年9月のドイツ公演後、帰国時に空港での荷物や身体検査を受けたことがあるが、それは簡単なプロセスだった。税関検査の一部として案内されただけで、別途の捜査内容について告知を受けることができなかった」と伝えた。

また「今回の事件と関連して、これ以上ウォノとの契約を維持することができないと判断した」と、専属契約解除の事実を知らせた。

【以下はSTARSHIPエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは、STARSHIPエンターテインメントです。

本日(1日)の報道内容と関連して、ウォノは2019年9月のドイツ公演後、帰国時に空港での荷物や身体検査を受けたことがありますが、それは簡単なプロセスでした。
税関検査の一部として案内を受けただけで、別途の捜査内容については告知を受けることができず、ウォノの捜査が進められているという点と、2013年の大麻疑惑、これに対する捜査が進められているということについて、当社は一切知りませんでした。

当社は今回の事件と関連し、これ以上ウォノとの契約を維持することができないと判断しました。これにより、当社はウォノと2019年11月1日をもって契約を解除します。

当社は今回の事態により多くの方々にご迷惑をおかけしたことに対して重い責任を感じ、誠実に捜査に臨むことができるよう、最後まで任務を果たすよう努力します。

もう一度MONSTA Xを心から大切にしてくださるファンの方々に、お詫び申し上げます。申し訳ありません。

[写真=マイデイリー DB]
パク・ユンジン記者


- NO.1 New Media リアルタイムニュース マイデイリー(www.mydaily.co.kr)
  著作権者ⓒマイデイリー 無断転載&再配信禁止
済州ドリームタワー複合リゾート